インプラントの費用相場を知ろう|安心して治療を受けるポイント

1回法と2回法の違い

歯科

岐阜エリアでもインプラント治療を希望する患者さんの数は年々増えてきています。歯を失ってしまっても、岐阜の歯科クリニックでインプラント治療を受ければ、歯本来の機能を再び取り戻すことが可能です。また最近のインプラント治療で使用される人工歯の加工技術はかなり進歩しているため、一見すると自然な歯と人工歯を見分けることはとても難しいほどなのです。補綴歯科治療の中でも人気が高いインプラント治療ですが、これから岐阜の歯科クリニックで初めて受けるのであればインプラント治療の種類を確認しておきましょう。

まずインプラント治療には1回法と2回法の2種類があります。1回法は人工歯を取り付けるまでに1度しか外科手術を行なわないタイプのインプラント治療になります。歯肉の骨を切開する回数が1度だけで良いので、患者さんへの身体的負担が軽いのが特徴です。しかし1回の施術で顎の骨の掘削手術、インプラント体の埋め込み、アバットメントの装着まで行なう為、感染症のリスクが若干高いというのがデメリットになります。また1回法を受けるためには、あごの骨に十分なスペースがあることが最低条件になります。

一方、2回法では読んで字のごとく、2回の外科手術が必要になるインプラント治療になります。こちらは歯肉の切開が2回必要になるため、実質的な患者さんへの負担が大きくなります。2回法では1回目の外科手術でインプラント体を埋め込んだ後に、治癒期間を設けた上でアバットメントの装着手術を行ないます。手術の時間と、患者さんへの負担は増えますが感染症の可能性が低く、安全性が高い手術の方法になります。以上がインプラント治療の種類になります。どちらの種類を選ぶかは岐阜の歯科クリニックの医師としっかりと話し合ったうえで決めましょう。